生活費が苦しい・・・(汗)

近年、日本を見渡すとそういう人が非常に増えているような気がします。

私のような庶民レベルは勿論の事、中間層・・・いわゆる中流階級の人、そして驚く事にセレブ階級と言われている人でも生活費が苦しくてアップアップしている人が増えているような気がします。

庶民レベルの人が生活苦になるのは理解できます。

また中流レベルの人が最近の不況やリストラなどの影響で大変なのも分かります。

しかし上流階級のセレブ層と言われている人が「生活費が苦しい!」のは一体どういうことでしょうか?

スポンサードリンク



日本人全体的に生活費が苦しい人達が増えている理由

バブルが弾けてから日本は現在に至るまで軒並み右肩下がりになっております。

それと同時に雇用の方も今一つで誰もが良い仕事にありつける環境にはなっておりません。

政府による景気対策、雇用対策もそれほど効果を発揮しているようには見えません。

安倍政権などが行ったアベノミクスなどの景気対策も一部の富裕層や大手企業勤務者、土地や株式を持っている資産家には恩恵がありましたが、我々庶民にはほとんど効果がありませんでした。

そして、そのアベノミクスも終焉を迎えて株や土地の上昇に歯止めがかかり、富裕層もじり貧になりつつある昨今です。

おそらく東京オリンピックまでがリミットでしょう。

国の景気対策もアテにならず日本の景気はジリ貧状態・・・

しかし最近では物価は上がっており生活必需品や食料品など生活費に直結する費用の負担は重くなっておりますよね??

我々、庶民は昔も今も苦しいことには変わりありません。

勤めている職場から毎月わずかな月給を受け取り、その範囲でやりくりをしていかなければなりません。

勿論、ボーナスなどは期待はできません。(多くの人が・・)

これが我々庶民(下流階級)の現状dす。

あなたも私と同じ庶民ならば身をもって感じているはずです。。

中流階級も生活が厳しい昨今・・・・

さて、最近の日本では生活が苦しいのは我々庶民階級(下流)だけではありません。

中流と言われている人達も生活が苦しいのが現状です。

いや・・・・むしろ中流の人達の方が我々下流階級よりも生活が苦しいのではないかと思ってしまう時もあります。

私の知り合いも多くは中流階級の人達です。

『それなりに良い会社に勤め、そこそこの給料とボーナスを受け取り、結婚をして奥さんがいて子供が1人~2人位いて、マイホームを持っている。』・・・・それが日本の中流階級の典型ですよね?

もしかしたらこのブログを読んでいる貴方もその中流階級に属しているかもしれません。

私の身内、友人、知合い、元同級生、元会社の同僚なども中流階級の人は多いです。

彼らの最近の生活を見ていると、庶民で下流の私ですら「気の毒だ!」と思わず口に出してしまう程、生活が大変そうです。

なぜ彼ら中流階級の人達が生活が大変なのかと言いますと、『出ていくお金が多いから』に他なりません。

彼らなまじ会社に勤めているだけに、色々お金を使ってしまうからです。

よくある例としては・・・「車購入」、「住宅購入」です。

彼ら、中流階級はそこそこ良い車に乗っています。

値段が割高の国産車のハイブリッドカー、準高級車、ファミリー向けのステップワゴンなど。

中にはベンツやBMWに乗っている人も少なくありません。

そしてマイホーム。

国土の狭い日本人が生活面で一番欲しがるのが「家」でしょう。

都心の職場から比較的近い首都圏郊外に家やマンションを購入する人が多いです。

20年~30年位の住宅ローンで。

そして結婚して子供が数人いる場合は子供達の教育費にもお金をかけます。

塾や予備校、習い事など子供の頃から通わせている中流の人達は多い。

そしてこの子供達が進学すると学費の負担もバカになりません。

私立学校などに進学すればかなりの学費が飛んで行きます・・・。

そう、、、彼ら中流階級は「家」、「車」、「子供」にお金が莫大にかかるのです。

当然、マイホーム購入に伴う資金は借金です(住宅ローン)

車の購入費用も大半が借金で賄います(マイカーローン)

また子供の教育費にかかる費用も借金を使う過程が多い(教育ローン)

上流階級、中流階級、下流階級の中で一番借金に依存している階級は中流階級の人達では無いでしょうか?

だから下手な下流階級や庶民よりも生活は苦しいのです。

良い会社に勤めていても出ていくお金(ローンなど)がデカいのでとにかく生活が大変。

だから最近の中流階級の過程は夫婦共働きが当たり前の時代です。

奥さんが専業主婦である中流階級の過程は稀と言って良いでしょう。

旦那さんだけの給料では生活費が苦しいので共働きをしているのです。

あと、、消費者金融やカードローン、クレジットカードなどを利用する客層で一番多いのが中流階級の人達です。

なぜなら、住宅ローンやマイカーローン、子供の教育費など毎月の出費が大きいので生活費が厳しくなると、消費者金融やカードローンを使ってその場をしのぐからです。

また中流階級の人達は良い会社に勤めているので、審査の甘い消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードの審査が非常に通りやすいのです。

彼ら中流はフリーローンやキャッシングの審査が簡単に通ってしまうので安易に利用しているまう例が多いですね。

上流階級の人だって生活費が苦しい?

我々庶民から見ると信じられないかもしれませんが、いわゆるセレブ層、上流階級と呼ばれる人ですら生活費が苦しい人達が多いのです。

私は庶民ですが、上流階級やセレブ層の人達の知り合いも多く彼らの内情をよく知っております。

一見華やかに見えるセレブの人達ですら、影ではお金に困っていてアップアップの状態も少なくありません。

なかには生活費が苦しくて消費者金融やカードローンでこっそりお金を借りている上流階級やセレブ層もおります。

またこれらセレブ階級の人達は一歩誤ると、我々庶民階級や貧困層に一気に落ちるリスクもはらんでおります。

彼ら上流階級、セレブ階級の多くは「収入が非常に多い一流企業のサラリーマン」、「外資系サラリーマン」、「会社経営者」、「医者」、「芸能人」、「一流スポーツ選手」、「その他業界人」などです。

彼らは確かに高額所得者であり、ベントレーやフェラーリ、ランボルギーニなどの高級車を所有し、東京の高額なタワーマンションや豪邸に住んでいたりします。

その華やかな生活ぶりはたまにテレビや雑誌などのマスコミに出てくることも少なくありません。

また私自身も庶民でありながら職業柄これらの上流階級やセレブ層の人達を見ることもあり、傍から見て羨ましく思う事もあります。

ただ、庶民の誰もが羨む華やかな生活も紙一重である場合が多く、一歩間違えば奈落の底に落ちるリスクもあります。

いくら高収入の外資系企業に勤めていても突然のリストラもありえます。

会社経営をしている社長さんも、今まで絶好調だった業績が一気に悪化して倒産などもよくあります。

医師の世界も世知辛く全てが安泰という訳ではありません。

病院の経営悪化や医師の健康そのものが悪化してダウン・・・・というケースも。

芸能界やスポーツ界はもう私が言うまでもありませんよね?

芸能界は売れなくなれば収入が激減しますし、スポーツ選手も結果を出せ無くなればお払い箱・・・・。


周囲が羨むセレブの世界に属する人達も、高額所得者を未来永劫に保っていく事、現状維持をしていくのは至難の業であり、一歩間違えば下流の庶民生活に真っ逆さまのリスクを常にはらんでおります。

私自身も多くの上流階級やセレブ層が中流や下流階級に落ちて行った例を沢山見てきました。

彼ら上流階級が中流や下流に落ちた時がまた痛いですね!!

今までセレブ生活に慣れていたので、なかなか中流や下流生活に馴染めず、所得が激減しても金使いだけは上流階級の頃とあまり変わらず・・バンバン金を使う。

審査の甘い消費者金融は勿論、銀行カードローンやクレジットカードのキャッシング枠でこっそりお金を借りては自転車操業でその場をしのぐ・・・なんていう「借金セレブ層」もいます。

そして、借金が増えて多重債務になり結果的にローンなどの借金が増えてアップアップ・・・というケースもよくあります。

また彼ら上流階級の人達は何らかの要因で収入が激減しても現実を直視できずに生活レベルを買えようとしない。

以前として高級車に乗り続け、タワーマンションに住み続け、上流階級の人同士の交流(パーティなど)を続ける。

だから収入が減っても生活レベルは変わらず、表から見ると以前として華やかなセレブ生活をしているようにも見えます。

しかし、裏では生活費を賄うのすら厳しく借金だけが増えてジリ貧になっている「見せかけだけの上流階級」、「見せかけだけのセレブ層」がなんと多いことか!!

私もそういう人達を数多く見てきました。

そう考えると「やっぱり庶民は気楽で良いなぁ♬」と思わざるを得ません(まぁ貧乏人の僻みでもありますが・・)

万人向けのお金が借りやすい審査の甘い消費者金融の一覧

※以下の消費者金融は上流、中流、下流の方問わず比較的、審査が通りやすい消費者金融です。

サラリーマンは勿論、会社経営者、そして自営、アルバイト、パート、派遣など幅広い職業や属性の人が借りれます。

生活費が苦しい場合は無理をせずに必要な分だけ借りるようにしましょう!

某A社無利息サービスの消費者金融

※借りるならやっぱり無利息サービスはありがたい!

初回30日の無利息サービスがもれなく付いております。

大手の中では審査も柔軟です

⇒某A社無利息サービスの消費者金融はこちらです

スピード融資の消費者金融の某A社

※こちらも借りやすいです。

他社の借金があっても寛大な審査基準。

申し込みから融資まで最短30分!

⇒スピード融資の消費者金融の某A社はこちらです

総量規制対象外の銀行系消費者金融の某L社

※某銀行グループに参入。

銀行カードローンに属した元消費者金融。

総量規制対象外であり年収の3分の1以上も融資可能。

専業主婦も借りれる!

⇒総量規制対象外の銀行系消費者金融の某L社はこちらです

ブラックリスト対応の激甘審査の中小消費者金融のフクホー

※中小の借りやすい消費者金融。

ネットで全国どこからでも申し込み可能。

早ければ即日の融資も可能。

ブラックリストでもOKです

⇒フクホーの詳細はこちらです

他社借入が増えてお困りの方に!~おまとめローンの中央リテール

※消費者金融の借入が3件~5件以上と増えてしまったら「おまとめローン」を検討してみましょう。

複数の借金が一本化できてかなり生活も楽になります!