生活費が足りなくて月末にどうしてもお金が必要!そんなことありませんか?

月末に生活費が足りなくなるパターンの人は多いかと思います。

特に給料日前とか、大きな出費があった後なんかに多いですよね。

そう言う時の人間の心理は『お金を借りたくなる』です。

最近では消費者金融やキャッシングのサービスも日常生活に浸透しておりますし、多くの人が利用しているのでそれほど抵抗はない人も多いと思います。

消費者金融の金利も昔に比べて安いですよね。

しかし、それでも借金であることに変わりなく、これはいつか返済しなければならないお金です

どんなに生活費が苦しかろうと、出来る事ならば消費者金融でお金を借りない方が賢明です。

癖になると後で、どんどん借りてしまう人もいるからです。

しかし・・・これは頭では誰でも分かっている事です。

『分かっているけどどうしてもお金をかりなければやっていけないんだよ!!』・・・・そんな方も多いと思います

では、生活費が苦しい人が消費者金融でお金を借りる際の注意点はどうしたらいいのでしょうか?

今日は、『生活費が苦しくてお金を借りたくないけど、どうしても借りないと困る』という人に消費者金融で借りるポイントをアドバイスをします。

生活費が苦しい人が消費者金融でお金を借りるコツ

1)お金の借り先は大手、銀行系に絞る

2)いくら生活費が足りないのかを電卓で計算して割り出した上で、足りない分量だけを借りる

3)いつまで返済するかを明らかにする

4)返済はリボ払いにしない(一括払いにする)

5)なるべく一社の消費者金融と取引をし件数を増やさない

6)キャッシングカードは普段は持ち歩かない(タンスの奥にしまっておく)

・・・・・以上のルールに従って消費者金融とお付き合いをしていけば大丈夫です。

しかし、このルールに従わないで消費者金融を利用すると後で苦しくなります。

どうしても生活費が足りなくなってお金を借りるのは本当に仕方がないことです

だから消費者金融でお金を借りる事に後ろめたい気持ちを持つ必要はありません。

要は使い方次第なのです

正しい使い方をしていけば、消費者金融も非常に便利な道具という事です

これは「車」と同じですよね?

車も非常に便利な交通手段ですが使い方を誤ると事故につながる危険な物になります

生活費が苦しい人が消費者金融で借りるタイミング

消費者金融は契約後カードを受け取ったら普段は使わない事

キャッシングカードは財布には持ち歩かない事です

財布に入れておくと癖になって使ってしまうからです。

癖になってしまうと借金額が増えてしまうからです

生活費の苦しさをカバーする為に使う消費者金融が使い方を誤ったが為に逆に自分の生活費を圧迫する結果になります

だから普段はキャッシングカードはタンスの奥にしまっておきましょう。

では、生活費が苦しい時に消費者金融を使うタイミングです。

これは最初になるべく消費者金融を使わない工夫をします。

例を挙げると・・・・


・手持ちの現金をかき集める

・手持ちの不要品を売却してお金を集める(ヤフーオークションやメルカリ、リサイクル店などで売る)

・この出費が本当に自分にとって必要な出費なのかを選別する

・・・・・以上の事をチェックした上で消費者金融で最低いくら借りたらいいのかを計算して、一番最小金額だけを借りる。

これを徹底して下さい。

自分の身の回りをチェックすると意外に現金があったりします。

使っていない預金通帳の残高に現金が残っていたりもします

あと部屋を見渡すと自分には必要ない不要品が沢山ある事に気付きます

これらをヤフーオークションやメルカリなどのネットオークションやネットフリマに出品すると意外なお値段で売れる事があります

結構、お小遣いにもなるし面白いからやってみて下さい(笑)

すぐに現金が入るのもメリットです

だから次回、生活費苦しくなる事を想定して今の内にヤフーオークションのアカウントを取得しておいてください

メルカリのアプリもスマホで簡単にダウンロードできるのでやっておいてください。

あと今回の出費が本当に自分に必要なのかもしっかり選別して下さい。

住宅ローンの返済、家賃の期日、光熱費、学費などの支払いならばすぐに支払わなければならない必要な出費ですが、飲み代とか遊びに行くお金、物品の購入などは本当に必要な支払でしょうか?

自分にとって本当に支払わなければならない物だけに絞って足りない金額を割り出してその上で消費者金融で最低限の金額を借りるようにして下さい。