注意!!消費者金融を選ぶ時、金利の安さで選んでもほとんど意味が無いのをあなたはご存知ですか?

よく消費者金融の広告などを見ると、やたらに低金利を売りにしている会社とかありますよね?

例を挙げると・・・・

⇒金利4.5%~

⇒実質年率3.0%~

⇒借入利率5%~

⇒年利2.5%~

あなたもこれらの低金利を売りにした消費者金融の広告などを見たことがあるかと思います。

そしてこれらの低金利の消費者金融を見て『どうせ借りるなら是非ここで借りたい!』と思った人もいるでしょう。

しかし、待ってください!!!

表面上の低金利だけを見て消費者金融を選んでもあまり意味がないのを、あなたはご存知ですか??

ぶっちゃけていいますと・・・・・どこの消費者金融も最初から低金利で借りれることはほとんど無いからです

これは大手でも銀行系でも信販系でも中小でも街金系でも同じです

今日は消費者金融でよくある目先の低金利のカラクリについて語ります。

これを読んで、表面上の低金利に惑わされないようにしましょう!

消費者金融には上限金利と下限金利がある

消費者金融の金利は法律で決まっています。

大手だろうが、中小だろうがどこの消費者金融会社も法律で決まった金利で貸さないといけないことになっています。

利息制限法の簡単な利率について説明しますと・・・・

・借りる金額(元本)が10万円未満の場合は・・・・20%

・借りる金額(元本)が10万円以上~100万円未満の場合は・・・・18%

・借りる金額(元本)が100万円以上の場合は・・・・15%

・・・・と決まっています。

消費者金融会社は、それを超える利息でお金を貸してはいけない事になっております(それ以下ならばOK)

つまり消費者金融の金利は、どんなに多くても20%以下~で貸さないと行けない訳です。

法律が改正される前は年利が29.2%とか年利30%とか多い時は年利35%なんて高金利の時代もありました。

でも今はどんなに金利が高くても20%以下でなければいけません。

そんな現状もあってか、現在はどこの消費者金融も15%~18%の金利でお金を貸す事がほとんどです。

だいたい最初に借りる金額は18%から契約が決まる事が多いですね

しかし、最近の大手の消費者金融や銀行系の消費者金融の金利などを見ると。。。。。

⇒4.5%~

⇒5%~

⇒3.5%~

・・・・といった極端に低金利をウリにして顧客獲得をしている所が多いですよね?

しかし、残念な事に我々借り手がいきなり4%とか3%とかの低金利で借りれることはほとんどありません。

消費者金融の融資サービスには上限金利と下限金利があります

下限金利が先ほどの大手や銀行系の消費者金融の広告例でよくある、3%~、とか4.5%~とか5%~などの低金利です。

そして上限金利が、先ほど説明した利息制限法で定められた15%とか18%とか20%の金利です

この上限金利を見逃してはいけません!

我々が消費者金融で申込みして初回借りれる金利はほとんどが上限金利からスタートします。

その後の融資実績と返済実績で金利が少しづつ安くなり下限金利に近づいてきます。

・・・つまり消費者金融もリピートして長く使わないと金利は安くならないのです。

大手消費者金融や銀行カードローンを契約してキャッシングカードが送られてきて、そのカードで借りたり返済したり・・・を何年もリピートして利用して初めて信用や実績が出来上がり金利も安くなります(実績が良ければ限度額も増やす事も可能です)

最初から下限の低金利で借りれると期待してはいけません。

ちなみに、大手や銀行系の消費者金融の上限金利は15%~18%であることが大半です。

一部の銀行系カードローンでは10%とか12%などの低めの上限金利で貸すところもありますが、安くてもほとんどが10%以上の上限金利からスタートします。

目先の低金利に惹かれて、消費者金融に申込んだら、契約で決まった金利が18%だった・・・・という事はザラなので、消費者金融選びでは表面上の下限金利で選んではいけません

消費者金融は金利の安さではなく、審査の甘さとスピード、安心度、便利性で選ぶべき

以上、消費者金融選びでは目先の低金利や下限金利の安さで選ぶのは愚の骨頂であることがお分かり頂けたかと思います。

低金利に惹かれて選んでも下限金利で借りれることはまずありえません。

ほとんどが上限金利の15~18%位からスタートするのが普通です

では消費者金融は一体何で選んだら良いのか?

何を基準に選んだら良いのか??

一般的に消費者金融でお金を借りた人のほとんどは「お金に困っているから」借りたいわけです。

お金に余裕のある人が消費者金融で借りることはありません。

出来れば今すぐお金を借りないと困る・・・・
そんな人が消費者金融の門を叩くのです。

お金に困っている人は出来れば「確実に借りたい」「スグに借りたい」のが人情です。

従って、『安心して借りれる審査基準が甘いスピード融資の便利な消費者金融』という事になります。

もう一度書きますと・・・・『安心して借りれる審査基準が甘いスピード融資の便利な消費者金融』です。

そう、、、いくら金利が安くても審査が厳しければ意味がありませんからね!

だから審査が甘くて、融資可決率が高くて、即日融資の便利な所・・・出来れば安心業者という事になります

それを基準に選べば何も大手や銀行系で借りることにこだわらなくても良いということになりますね。