貧困女子と言う言葉が今の日本で浸透してきました

貧困女子という言葉はここ2~3年の日本でよく聞かれるようになりました。

あまり良いニュアンスの言葉ではないのは誰が聞いてもわかりますよね(汗)

『本当に日本の事なのか?!』・・・・と思う人もいるでしょう。

発展途上国ならまだしも、世界3位の経済国であり先進国である日本に「貧困女子」という言葉が流行ってしまうとは?!

貧困女子の定義

では貧困女子とは一体どんな人の事を言うのでしょうか?

 「貧困女子」とは、年収が110〜130万円ほどしかなく、手取りは10万程度と、最低限の生活を営むことも困難な20代以上の女性のことを指します。そして今、働く世代の単身女性の3人に1人がこの「貧困女子」の定義に当てはまるという事態になっています。

つまり貧困女子とは分かりやすく言うと月収が10万円台の低収入の女子の事をいいます。

10代~20代の貧乏な女の子を貧困女子と一般的に呼ばれておりますが、最近では30代~40代の中年女性もひっくるめて貧困女子と呼ばれている様です。

貧困女子が日本で増えている原因

貧困女子は日本で3人に1人の割合でいるそうです

では、貧困女子がなぜ日本でこんなに激増してしまったのか?

原因をたどると・・・・結構男が原因であるケースが多いのに驚かされます

1、若い頃にデキ婚ですぐに離婚してシングルマザーになり貧困女子に

2.若い頃に子どもが出来てしまったが結婚せずにシングルマザーになり貧困女子に

3.不景気のよりスキルの無い女性が良い仕事に付けず貧困女子に

4.若い頃は仕事があったが、30代~40代と歳をとってしまい良い仕事がなくなり貧困女子に

5.長年付き合っていた彼氏がいるが、結局結婚に至らず別れてしまい気が付けば中年女性になって仕事も無く貧困女子に

6.家庭の事情で貧困女子に(親の介護など)

7.都会での女性の一人暮らしの増加(安い給料では生活費が苦しい女性が多い)

以上、貧困女子になる原因は色々ですが、その多くが男と付き合って子供が出来てシングルマザーになって貧困に・・・というケースが非常に多い

先日も生活費が苦しいシングルマザーの現状について記事を書きました

詳しくは⇒シングルマザーの増加を参照下さい

何のスキルや資格や技能も無い女性が子供を抱えてしまえば良い仕事に就くことは出来ません。

当然ですが貧困女子になってしまいます

あなたの身近にもそういう女性が何人かいるのではないでしょうか?

それだけシングルマザーの貧困女子が多いのです

貧困女子の生活の現状は?

聞けば、貧困女子のライフスタイルは悲惨の様です。

一人暮らしや子供と二人暮らしの貧困女子が、安月給で物価高の日本で生活していくのは並大抵の事ではありません。

毎日、「生活費が苦しい」との戦いとなります。

本業の収入ではやっていけないので、副業で夜のお仕事(キャバクラやスナック、風俗)などで働いている女性も少なくありません。

シングルマザーの場合は子供を親や託児所に預けてのダブルワークですから、肉体的にも精神的にも地獄のように大変な生活を強いられております

しかし、たとえ貧乏でも「衣・食・住」がなんとか確保できればマシな方です

中には衣・食・住の生活が破たんしている貧困女子も今の日本に沢山おります

生活が破たんしかけている貧困女子(ネットカフェ住民、出会い喫茶の常連と化し・・・)

今の日本でほとんどホームレス化した貧困女子も少なくありません

いわゆる「ネットカフェ難民」の貧困女子が多いのです。

ちなみに、ネットカフェ住人の人の事を『見えないホームレス』と呼ばれております

だいたい20代~40代までの貧困女子がネットカフェで生活をしているケースが多いとのこと。

薄給の仕事に就きながら夜はネットカフェ生活・・・・そんなライフスタイルを送る彼女たちですが、それでも生活費が豊かになることは決して無く、同じような境遇の女性達とネットカフェ内で仲良くなる事もあるそうです

また本業だけでは生活費が苦しい為に、生きて行く為にいわゆる「裏家業」をする貧困女子も多いのです

貧困女子の裏家業とは、いわゆる「体を売ってお金を稼ぐ」事です。

同じ街にある「出会い喫茶」に赴きサラリーマンの男とデートをしてお金を貰うという方法で生活費を稼いでいる貧困女子も多い

また出会い喫茶だけでなく出会い系サイトなどで、いわゆる「援〇交際」などをして食つなぐ貧困女子も多い

確かに・・・大手の出会い系サイトの掲示板などを見ると貧困女子と思われる女性の書き込みも多い。

体を売れば生活できると考える貧困女子が多いが現実は甘くはない!

以上、貧困女子の全てがマトモな職業に就いているわけではありません。

その多くが「キャバクラ」、「デリヘル」、「セクキャバ」、「AV女優」、「デートクラブ」などをやって生活している貧困女子も多いです。

女性を武器にした稼ぎ方であり、「体を売れば大丈夫」と思われそうですが、現実は甘くはないようです。

特に30代~40代の中年層の貧困女子は自分の女を武器にすることすら厳しい世の中となりました。

最近はキャバクラや風俗の世界でも二十歳そこそこの若い女の子がどんどん入店しております

お客は当然、若い女の子を指名します。

だから貧困女子は歳を取れば歳を取るほど不利となります。

貧困女子を脱出する方法

では、貧困女子を脱出するにはどうしたらいいのか?

貧困女子の生活費が苦しい理由は、「お金が無いから」、「給料が安いから」、「良い仕事に就けないから」に他なりません。

つまり、「お金」と「仕事」の面を解決すれば貧困女子から脱出する事が出来るわけです。

出来れば「水商売」とか「体を売る仕事」をしないで済む方法で脱出する方法はあるのか?

ここでは貧困女子の脱出方法を取り上げてみます

1)しっかりとした資格を取る為の勉強をする

貧困女子やシングルマザーに人気の資格は「看護師」です。

看護師の資格さえ取れば仕事に困る事はありません。

給料もそこそこ良い。

社会的にも貢献できて人からも感謝されます。

2)パソコンの勉強をして時給の高い事務職の派遣社員になる

パソコンのスキルを身に付けて損はありません。

コツコツと勉強しておきましょう

最低でも時給1300円以上の事務職に就く事が出来れば肉体的にも精神的にも楽になります

3)お金持ちの彼氏や結婚相手を見つける

ある意味、これが一番手っ取り早く貧困女子から抜け出せる方法といえます。

私の知っている女性でも、これで貧困女子を脱出成功した人を何人かおります

若くて容姿が並以上であれば、十分可能です。

後はお金持ちの男性から愛されるようになれるよに女を磨けばいいのです

30代~40代の女性は少し年配のお金持ちの男性に愛さるような女を目指しましょう。

50代~60代のお金持ちの男性も基本的に若い女性が好きですが、中には30代~40代の女性を愛してくれる人もいます

会社や組織などに頼らずに自力で稼げるスキルを磨く

今ではインターネットビジネスが普及していて、上手くやれば努力次第で月収30万円~50万円くらい稼ぐ事も十分可能です

実際に、子育てをやりながらインターネットビジネスで月30万円~50万円稼いでいる主婦の方を何人か知っております。

インターネットビジネスで稼ぐには、まずパソコンのスキルが必要です。

良い仕事につくにせよ、ネットビジネスで稼ぐにせよ、いずれにせよパソコンの勉強はしておいた方が良いです。

貧困女子でも借りれる消費者金融

貧困女子の方はしっかり仕事して生活費を確保するのが最も大事ですが、時には生活費が苦しい時や生活費がどうしても足りない時もあるでしょう。

そういう場合は遠慮なく国の制度である「生活保護」を利用するのが良いかと思いますが、どうしても生活保護が得られない場合は、民間からお金を借りる事も時には必要です。

いわゆる消費者金融でキャッシングする事でその場を凌ぐことも必要になりますし、実際に多くの貧困女子の方が消費者金融でお金を借りるケースは多いです。

勿論、借りすぎや無理な借金は禁物ですが、どうしても足りない生活費や光熱費や携帯電話料金など他の支払が迫ってきている場合は必要な分だけ借りる事もアリかと思います。

ただ貧困女子の方は大手や銀行の消費者金融やキャッシングでは借りれない事もあります。

そんな時はマイナーな中小消費者金融で借りる事になりますが、闇金では無い安心して借りれるところを選ばなければなりません。

マイナー系で中小の審査の甘い消費者金融はこちらにリスト化しました。

審査の甘い消費者金融

上記の中小の審査の甘い消費者金融ならば貧困女子の方も小額ではありますが借りれます。

しかし、くれぐれも無理をしないようにしましょう!

  スポンサードリンク