どうしてもお金を借りたい・・・しかし消費者金融からは借りたくない人、又はもう消費者金融からは借りれない(ブラックや無職の為)。そんな方は生命保険の契約者貸付という手もあります!

意外に知られていない穴場的な融資先が生命保険の「契約者貸付制度」です

これは有効な融資手段ですが意外に知られておりません。

恥ずかしい話、私も最近まで知りませんでした・・・・(汗)

しかし、せっかく有利な融資手段があるのならば、お金に困った時は是非利用したいですよね。

勿論、消費者金融で借りるよりもずっと有利であることはいうまでもありません

あなたが掛け捨てでは無い生命保険に入っているならば「契約者貸し付け制度」を利用して低金利でお金を借りることが可能です。

生命保険契約者貸付制度とは

生命保険の契約者貸し付け制度とは、自分が加入している生命保険の解約返戻金を担保にお金を借りれる事をいいます

「解約返戻金」とは、その保険を解約した時に戻ってくるお金をいいます

通常、年金型の保険や積立型の保険ならば、解約返戻金が残っているのが普通です

ちなみに年金型・積み立て型の保険は以下の通りです

あなたは加入しているでしょうか?

・養老保険

・終身保険

・学資保険

・個人年金保険

スポンサードリンク



あなたもご存知かもしれませんが、保険には「掛け捨て保険」と「積み立て保険(年金型保険)」があります。

また「掛け捨て保険+積み立て保険」という保険商品もありますよね。

解約返戻金は、今まで積み立ててきた積立保険料の範囲から受け取れます。

契約者貸付け融資が出来る範囲は解約返戻金の70%~90%位です。

それぞれ契約している保険会社によってパーセンテージが異なります

契約者貸付のメリットは?消費者金融から借りるよりもオススメな訳は?

⇒無審査であること

⇒無職でも借りれる

⇒ブラックリストでも借りれる

⇒破産歴あっても借りれる

⇒他社借入が何件あってもOK

⇒クレヒスや個人信用情報関係なし

⇒申し込みが簡単(契約している保険会社に電話すればOK、インターネットでも申し込みページあり)

⇒必要書類も簡素で楽(収入証明書は不要、免許証などの本人確認書類と保険証券のみでOK)

⇒金利が安い(消費者金融よりもはるかに低金利)

⇒基本的に返済期限が無い

以上、契約者貸付制度の良いところを沢山並べてみました。

今まで消費者金融などで借り慣れている人にとっては「この好条件は一体何??」と驚かれるほどに有利な融資制度です。

『積立保険に入っていて良かった~~♪』・・・・と思うかもしれません

生命保険契約者貸付のデメリット

今まで契約者貸付のメリットばかりを書いてきましたが、デメリットもあります(ほとんどないですが少しは・・)

では生命保険契約者貸付のデメリットって一体なんでしょうか?

(契約者貸付のデメリット)

⇒そもそも積立保険に入っていなければ借りれない

⇒保険の積立金が担保となるので、その積立金(解約返戻金)の70%~90%の範囲でしかお金が借りれない

⇒金利が複利計算となる(長期間返済をしていないと金利負担が大きくなる)

⇒複利で増えた返済額が解約返戻金の金額を上回ってしまうと保険が失効してしまう

※返済期限が無いのが契約者貸付の良いメリットでもありますが、ずっと返済をせずに放置しておくと複利計算で年々返済額が増えてしまい、解約返戻金を上回ってしまうと保険が強制解約となるおそれもあります。

なので、いくら返済期限が無いとはいえ、やはり少しづつでもいいから定期的にしっかりと返済はしていった方が良いですね

生命保険契約者貸付の金利はいくらくらい?

生命保険契約者貸付の金利は驚くほど安いです。

今まで消費者金融なんかでお金を借りていた人にとっては「えっ!?こんな安くていいの??」と言うレベル。

金利はそれぞれの保険会社によって異なりますが、だいたい2%~6%位。

この金利を高いと言う人もいますが、今まで消費者金融を使ってきた人にとってはビックリするほど安いですよね?!

銀行系のカードローンの下限金利くらいの低金利です。

金利がこれだけ安い理由は「有担保ローン(保険積立金が担保)であるから」「保険会社の貸し倒れリスクが無い事)」であるからです。

万が一、お金を借りた人が返済不能になったとしても、保険会社は保険契約を強制解約して担保である積立金を回収すれば良いだけの話なので、保険会社にとってはなんのリスクもありません。

ローンや借金の世界ではどこでも共通していますが、貸し倒れリスクが少なければ少ないほど金利は安くなります

生命保険契約者貸付制度も貸し倒れリスクが無いから金利が安いのです。

生命保険契約者貸付制度の限度額は?

生命保険契約者貸付制度の借入限度額は、今まで積み立ててきた保険金(解約返戻金)によります。

だいたい積立金(解約返戻金)の70%~80%が相場でしょうか。

それぞれの保険会社によって異なります。

今まで長年積み立ててきた金額が多ければ多いほど担保が大きくなるので多く借りれます。

逆に積立金が少なければ少ないほど、借りれる金額も少なくなります。

つまり、それぞれの人の積立金次第ということになります。

生命保険契約者貸付制度の賢い利用法と注意点

この制度は積立型保険に加入している人が超低金利で借りれる特権でもあります。

なので賢く有効的に活用しましょう。

今まで積み立てて来た保険金の担保価値の範囲で何度でも利用できますので、慌てて担保価値一杯の大金を借りる必要はありません。

必要な分だけ借りて、無理なく返済して行けば良いです。

消費者金融よりもずっと金利が安いし、返済期限も無いのでとっても精神的に楽です。

注意点は、定期的にしっかり返済もしていく事です

いくら返済期限が無いからと言って年利で利息がかかります

何年も返済せずに放置しておくと複利計算でどんどん借金の金額が大きくなってしまいます。

生命保険契約者貸付制度を利用する人の多くが、「返済期限が無い」と言う事に甘えてしまうケースが多く、何年も放置して気がつけば借金が増えてしまった・・・という例も多いのです

だから、まとまった収入があったら、少しづつでもいいから、しっかりと返済をしていく事が大事です。

生命保険契約者貸付制度は「放置プレー」は長い目で見ると自分の首を絞める結果になるので厳禁です!!